So-net無料ブログ作成

アップルが楽天を走らせた??

最近の社会的な話題というと、阪神の株を村上ファンドが買ったというニュースに続いて飛び込んできた、楽天がTBS株を、というニュース。既に20%に近い程度に株を買ったという話もあり、持ち株会社とか経営統合とかいろいろな話が出ているのはご承知の通り。

さて、このブログで書きたかったのは、なぜこの時期に楽天がTBSを、という疑問である。
もちろん、従来型の放送とインターネットが将来的に融合していく点については異論はないだろう。
しかし、現時点で急にということで考えると、ひょっとしたら今回の楽天、あるいは今春のライブドアの騒動の陰の主要因はアップルなのではないだろうか。

アップルはつい先日、動画を表示できるiPodを発売した。これ自体は技術の進歩としては予想されていたことで、やっと発売になったか、というところであろう。似たような携帯型動画表示マシンはすでにいろいろ出ている。しかし、アップルによるビデオiPodの秀逸な点は、配信する動画とセットで発売した点である。アップルが運営するiTunes Music Storeのサイトで動画が購入できるようになっている。もちろん、そこで購入(ダウンロード)した動画はiPodで見ることが出来る。

ここで重要なのは、米アップルは今回のビデオiPodの発売に合わせて、音楽のプロモーションビデオだけでなく、アメリカのテレビの人気番組の動画配信を始めたことである。

この動きをやがて日本のアップルも行うだろうと考えると、日本の主なキー局の人気番組・過去の人気番組の動画配信はアップルに独占されてしまうことも考えられる。圧倒的多数の消費者がそう望めば、半年や1年では解決できなくても、やがてはiPodに取り込まれるようになるだろう。それは音楽楽曲での動きを見ればわかる。

ということは、今回の楽天の動きは、そうした将来的なアップルによる動画配信をにらんで、なんとしてでもビデオiPod発売時にどこかのテレビキー局を押さえておく必要があったから、と思えるのだがいかがであろう。出来ればアップルではなく楽天の手で、日本国内市場での動画配信を押さえてしまいたい。そして、日本でのアップルの動きを牽制しておきたい。そうした狙いに村上ファンドやライブドアも陰ながら同調しているとすれば、今回の動き、そのタイミングはよく理解できるのである。

在京キー局の数は日本テレビ、TBS,フジ、TV朝日の4社だから、単純に考えて楽天、ライブドア、村上ファンドにもう一社いても分け前はあるわけである。

いかがでしょう、この推測は。みなさんの意見をお聞きしたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:株・投資(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。